マジェスティ 4D9 フロントタイヤ交換 苦戦編

諸事情により旅行へも行けずマジェネタ続いております。
yk-000.jpg
所々に大小のインパクトドライバーが見えますが
良いおじさん方は 決してマネしないで下さいね!


特にネジ類を締める時は必ず トルクレンチを用いて
規定のトルクで締めないと重大な問題を起こします。
この日は T レンチのバーが見つからなかったので
緩まない箇所だけ外すのみに使いましたが 案の定
最後に重大な問題(失敗)が起こってしまいました。


手始めにフロントフェンダーのビスを左右六角レンチで外します。
tk-02_20150628173900eb3.jpg
後ろ側にも内側から左右留まっていますがそれは外さなくても O.K



次にディスクパット交換の要領でキャリパー上下のネジを外します。
tk-03_2015062817390167c.jpg
あ、フツーは Tレンチで問題なく外れる訳で もちろん
いつもはそうしています。 ラチェットだとなめますよ!




フェンダーを押しながらやや下方向にずらすとピストン外れます。
tk-04_20150628173903eb8.jpg
って汚ね~・・・この辺りは後でしっかり清掃します。




ここも清掃必要ですね!
tk-05_20150628173905763.jpg



次にアクセルシャフトを抜く訳ですがナットが共回りするので
tk-07_20150628175454c5b.jpg
あまり良い方法ではありませんが L レンチが行方不明。
この後 外れても大丈夫なようにウェスで養生はしました。



アクセルシャフト無事抜けました。
tk-08_20150628175456ab8.jpg
意外と綺麗です。




あ、画像が前後しますが車体下部に空のポリタンクなどを
tk-08b.jpg
これ入れないと当然車輪外したら前に倒れ込みます。




フロントフェンダーのビス2ヶ所外してあるので
tk-09_201506281754599b5.jpg
平面作業でも車輪そっくり外れます。奥に見えますが 以前
mixi or ブログでお話した 予備のホイール付き未使用新品。
オクで買ってありました。




フロントタイヤ外すと なんか変な格好ですね!
tk-10_20150628180221bbb.jpg





で、一番面倒なのはディスクローターの付け替えです。
tk-11_20150628180223aba.jpg
ここはトルクスの T40 でやはり Tレンチ推奨します。
こんなへんてこなレンチは使わない方が良いです (笑)





ローターが外れたら点検と清掃
tk-12_20150628180225c44.jpg
まだ走行 2万キロだから使い回します。




ピストン側もしっかり清掃してちょっぴり グリスアップ
tk-13_20150628180226629.jpg
普段手の入らないフェンダーの裏も清掃しました。




そしてパッドを戻しキャリパー付けて
tk-14_201506281802278e4.jpg
アクセルシャフト付けたら完了です。

楽勝!・・・

と 世の中そんなに甘くはありません。
最後の点検でローターを取り付けた例のトルクス T40
の一つが気持ち浮いているように見えました。 それで
よせばいいのに手に持っていたインパクトで 1回だけ
締めてみたら・・・

tk-15_20150628182911c1f.jpg
ボギッ ❢ (*_*;

これは厄介ですよ!初めの手順から全てやり直しで ローター外しても
ビスが中で折れているから 残骸を取り除くのが出来るかどうか???
ここで心が完全に折れたので 車輪を外さず 又後日対応という事で・・・




-----------------------------------------------------------




そして元気いっぱいの 後日になりました!(笑)
tk-16_201506281829129ec.jpg
あ~やっぱ中で折れてるよ!こりゃ エキストラクター作業だな。

余談ですが ・・・
少年の頃 初めて買った車 フェアレディ Z (S30)で ウォーターポンプが
故障した事がありました。当時はお金もなく(今もありませんが)部品だけ
買って無謀にも自分で交換しようとラジエターまで外して試みました。
しかし最後のボルト締め付けで同じ失敗をしてディーラーのお世話になり
その時 メカニックの方に内緒でご教授頂いたのがエキストラクター作業です。
その後 自分の過去の仕事でも役に立ち何度か同じシーンを経験してます。



ビスの折れ方にもよりますが全てのケースで復旧とはいきませんが・・・
tk-17_20150628182913517.jpg
まずポンチでセンターを決める。これ最も重要!
やや斜めってるから厳しいかな~?



次にドリル刃 2mm位でゆっくり回転させながら・・・
tk-18_20150628182915799.jpg
徐々に 3mm 3.5mm とビスの残骸に穴を開けていきます。
速く回し過ぎると熱もって ドリル刃折れたら全損ですよ。





エキストラクターのサイズは折れたビスの太さに合う物を
tk-19_201506281829166fe.jpg
あと 精神力維持用に虫よけスプレー





穴の深さは 5~6mm で良いんだけれど
tk-20_20150628185156c7e.jpg
軽く打ち込んで喰い付いたら・・・




反時計回り方向へ そーっと手回して
tk-21_20150628185158de8.jpg






出てきたよ~☆
tk-22_201506281851588a8.jpg




あ~良かった!
tk-23_201506281852009d8.jpg
内側のネジ穴も傷つけなかったし・・・




そして念の為 ロックタイト(緩み止め)を付けて
tk-30.jpg
T レンチ出てきた。




丁寧に組み上げて
tk-26.jpg
清掃 or WAX UP して完了です・・・。


ブログだと呆気ないけど結構疲れました。
tk-31.jpg


車やバイク弄りは時に楽しいですが 時間が
無い時とか 疲れている時は失敗しますね!

素直にショップにお願いすれば何でもない事ですが
「折れたネジは取り出せない」 とか言うショップ多いし
チャレンジしてみたかったので 以前のリヤタイヤ交換
に続き トライ してみました ・・・ ♪



にほんブログ村 バイクブログ ビッグスクーターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村

10 comments

非公開コメント

0 trackbacks

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)